目次へ

ハト豆ねっと


オモシロ たんけん倶楽部



オモシロ たんけん倶楽部

7月2・3日は
  『日光御成道鳩ケ谷宿・夏の陣』
地蔵院参道が
  江戸時代に
    タイムスリップ!



いざ、出陣!
夏の始まりを告げる日光御成道鳩ケ谷宿の夏の陣。
2回目となる今年は、メイン会場となる地蔵院の参道が、江戸時代にタイムスリップ!
鳩ケ谷駅も、鳩ケ谷氷川神社も、鳩ケ谷浄水場も、日光御成道鳩ケ谷宿の沿道商店会が、み〜んなお祭り一色!
あさがお市にほうずき市、ちびっこ広場もあって盛りだくさんのイベントがいっぱい!
さあ、2日、3日は鳩ケ谷宿に行ってみよう!




ゆるキャラも勢ぞろい!
畠山みどりの歌謡ショーも

7月2・3日は鳩ケ谷宿で『日光御成道鳩ケ谷宿・夏の陣』が開催されます。
主催は、日光御成道鳩ケ谷宿のにぎわいづくり実行委員会。
鳩ケ谷宿の魅力をたくさんの人たちに知ってもらい、地域の活性化を図ろうとみんなで作る手作りイベント。
メイン会場となる地蔵院(桜町5丁目)の境内では、2日の9時30分から開会式が行われ、ゆるキャラのたまさぶろう(SR)やコバトン、きゅぽらん、ジュリアン、スマッピーも勢ぞろい。
観光コンシェルジュや役所一座が江戸時代の雰囲気を盛り上げます。
開会式のあとには、10時からステージイベントが行われ、畠山みどりの歌謡ショーや埼玉アラフォーアイドルなども出演します。
「畠山みどりが出るの?」
「そうよ。懐かしいね。いくつになったのかしら」
「アラフォーアイドルも楽しそう!ちょっと見に行ってみなくちゃ!」
ちょっとした話題になっているのが、参道が江戸時代にタイムスリップするらしいという話。
「なんか、羽生インターみたいに江戸時代の雰囲気を再現するって聞いたんだけどホント?」
「詳しくは知らないんだけど、地蔵院の参道が江戸時代にタイムスリップって書いてあったよ。縁日になって、お店がいっぱい立ち並ぶみたい」
「へぇ〜、なんか楽しみだな〜」
ここでは、朝顔市やほうずき市も開催されます。
「去年はもう売り切れで買えなかったんだよね」
「お昼から行ったんじゃダメよ。10時からやってるから早く行かなくちゃ!」
いずれも人気があるので、欲しい人はお早目に。
そうそう、いま話題の『鳩ケ谷ソース焼うどん』の無料試食会(10時〜11時)もあります。
また、浴衣で来場された方には、パワースポットのタブノキで染めた手ぬぐいをプレゼント。
「私も久しぶりに浴衣を着てみようかな」



Nゲージやちびっ子広場は浄水場で

今年、新たなちびっ子広場の会場となるのは鳩ケ谷浄水場。
起震車や給水車、オートレースバイクの他、鉄道模型のNゲージやふわふわくまなど、子どもたちの大好きな乗り物がいっぱい!
ゆるキャラもやってきます。
「子どもたちが喜びそうだね」
「Nゲージは去年は鳩ケ谷駅でやってたんだけど、今年は浄水場でやるそうよ」
「鉄道ファンには見逃せない」
そのほか、鳩ケ谷駅ではステージイベントが開催され、模擬店では地元の美味しい味が楽しめます。
「埼玉スタジアム線を利用したお客様には、鳩ケ谷駅や新井宿駅で駅員が乗車証明書をくれるので、それを持って地蔵院会場に行くと鉢花をプレゼントしてくれるんだって」
「そうなの。いろんな特典がいっぱいあるんだね」



夏の陣を楽しむおススメコース

「鳩ケ谷宿ってどんなところなの?」という人には、鳩ケ谷宿を散策しながら、レトロな雰囲気を楽しむコースがおススメ!
まずは埼玉スタジアム線の鳩ケ谷駅で下車。
ここで鉢花プレゼントの引換券を貰って、鳩ケ谷駅のイベントに参加。
坂下町・本町の商店街を歩きながら、日光御成道沿いの坂道を散策。
古い蔵や建物を見ながら、御成道公園で一休み。
続いて由緒ある鳩ケ谷氷川神社に参拝。
3日は七夕まつりもやっているので、夏の風物詩を楽しみましょう。
また、郷土資料館も2日、3日は無料開放しているので、この機会に鳩ケ谷宿の歴史も勉強。
それから桜町の地蔵院参道へと向かいます。
ここでは、いろんなイベントでにぎわいをみせていますが、パワースポットのタブノキもぜひ見てね。
お帰りは新井宿駅からが便利。
古き良き時代の昭和の街並みが残る鳩ケ谷宿、昔ながらの美味しい鰻屋さんもあるし、鳩ケ谷B級グルメもぜひ味わってくださいね。
「楽しいイベントが満載でなんかワクワクするね」
「お天気がいいといいね〜」



☆日光御成道鳩ケ谷宿のにぎわいづくり"夏の陣"実行委員会
埼玉高速鉄道・事業推進課(048ー878ー6867)

写真は昨年のものです。




目次へ