目次へ

ハト豆ねっと


オモシロ たんけん倶楽部



オモシロ たんけん倶楽部

イトーヨーカ堂で好評販売中!
『鳩ケ谷ソース焼うどん』
     が商品になりました



「鳩ケ谷ソース焼うどんが、イトーヨーカ堂で販売されてるんだって!」
ご当地グルメの鳩ケ谷ソース焼うどんが、2食入りで商品化され、この4月から埼玉県内のイトーヨーカ堂で販売されています。
これまで埼玉B級グルメ王決定戦で4位に入賞したり、イベントやお祭りに出店したり、まちおこしに奮闘してきた青年部ですが、商品化は初めて。
そこで鳩ケ谷ソース焼うどん研究会・会長の田部井崇さんと商工会の田部雅樹さんに、イトーヨーカ堂で開催された「記念イベント」の様子なども聞いてみました。



『鳩ケソース焼うどん』といえば、鳩ケ谷商工会青年部が、地元企業のブルドックソースと共同開発して作ったオリジナルソースを使ったB級グルメ。
平成20年にまちおこしの一環として活動してから、もう8年になります。
『鳩ケ谷ソース焼うどん』は、今やお祭りやイベントにはなくてはならない存在。
地元の飲食店でも定番メニューとなった、鳩ケ谷のB級グルメです。
「そういえば、北九州市で開催された『焼うどんサミット』にも参加したことがあったよね」
「そうそう、鳩ケ谷ソース焼うどんは日本5大焼うどんの1つになってるんだよ」
「すごいじゃない!他にはどこがあるの?」
「岩手県の『いわてまち焼うどん』に三重県の『亀山みそ焼うどん』、岡山県の『津山ホルモン焼うどん』、福岡県の『小倉発祥焼うどん』」
「その中に『鳩ケ谷ソース焼うどん』も入ってるってわけ?」
「そうよ。それが今度は商品化されたっていうんだから、スゴイ事でしょ」
というわけで、早速、田部井さんと田部さんにイトーヨーカ堂で販売されることになったいきさつを聞いてみることにしました。

左から、会長の田部井崇さんと商工会の田部雅樹さん

「イトーヨーカ堂さんから話があったのは今年に入ってからなんですよ」と田部さん。
埼玉県のグルメを商品化して、地元の盛り上げにも企業として貢献したいと考えていたイトーヨーカ堂、昨年のB級グルメで4位になり、NHKの「あさイチ」にも紹介された鳩ケ谷ソース焼うどんにスポットをあてました。
そして、完成したのが、ブルドックソースの焼うどんソースと生産量全国2位を誇る埼玉県産の小麦100%使用のうどん麺(岩崎食品工業)を使ったオリジナルの「鳩ケ谷ソース焼うどん(2食入)」。
イトーヨーカ堂と鳩ケ谷商工会青年部とブルドックソース、岩崎食品工業の4社がコラボして、協力・連携した商品です。
「実現まで期間はどのくらいかかったの?」
「早かったですね、あれよあれよという間にとんとん拍子で話が進み、販売まで3ヶ月位でした」
ソースの分量については試食会でいろいろな意見がでたそうですが、鳩ケ谷ソース焼うどんのロゴと鳩ケ谷商工会青年部監修の文字が入った「鳩ケ谷ソース焼うどん(2食入)」(要冷蔵)が出来上がりました。「みんなパッケージに鳩ケ谷という文字が大きく入っているのが嬉しいって、言ってくれるんですよ」と田部井さん。
合併で鳩ケ谷の名前が消えて行くことに寂しさを感じている鳩ケ谷地域の人たちにとっては、嬉しい商品です。
そして、発売日は4月11日に決定!
現在、埼玉県内のイトーヨーカ堂27店舗で2食入り298円(税別)で発売されています。



発売前日の10日(日)にはアリオ川口で記念イベントも開催されました。
「奥ノ木市長も来たんだって!1000人に無料の試食会をしたり、焼うどんソースが当たる抽選会などもやったそうよ」
「私も行ってみたかったなあ」
その時の様子を田部井さんに聞いてみると「いや〜すごかったですよ。社員食堂の大きな鍋を使わせて貰って1000食作ったんですけど、あっという間に無くなって、商品も山積みしてたんですけど、どんどん少なくなって・・・。嬉しかったですね」
その後の販売も順調で、全店で1週間で7000個、2週間では在庫が無くなる程の売れ行きをみせたそうです。
みんな嬉しい悲鳴をあげたそうですが、「人気がありすぎて2週間で店頭からなくなって、ソースを作っているブルドックさんは担当者から怒られたそうですよ」と田部さん。
当初予測を大きく上回った売れ行き。今後の展開が期待できそうです。
「私も食べてみたけど、すごく美味しかったわ!野菜をいっぱい入れて作ったの」
ハト豆記者も大満足のこの鳩ケ谷ソース焼うどん、値段は小々お高めですが、埼玉県産小麦100%のこだわりの味と品質で自慢の逸品。
家庭用には豚肉、キャベツ、もやし、人参などを入れて、チーズやかつおぶしをトッピングすると更に美味しいんですって!


「所沢の方からもお電話を頂いたんですよ」と田部さん。
「直売まつりで販売をしたいんだけど、やってもいいですかという電話だったんです。有難い話ですよね」
この方、一度食べてやみつきになったそうです。
いろんなところでも話題の鳩ケ谷ソース焼うどん、人気が高まるといいですね。

実はこの鳩ケ谷ソース焼きうどん、給食にも使われているのをご存じですか?
子どもたちのお楽しみ献立に年2回、登場する人気メニュー。
もしかしたら子どもたちの認知度の方が高いのかもしれませんね。


田部井さんに今後の目標を聞いてみました。
「そうですね。売れ行きが順調に伸びて、イトーヨーカ堂だけじゃなく、セブンイレブンでも取り扱うようになってくれればというのが夢です。鳩ケ谷のお土産といえば『鳩ケ谷ソース焼うどん』という風になるといいですね」
鳩ケ谷ソース焼うどんの普及にがんばってきた商工会青年部、地道な努力が商品化に繋がってきました。
「私はオイスターソース味の効いたソースが好きなのよ。今までペットボトルの大きなソースは売ってたけど使いにくかったのよね。今度のはすごく便利だし、美味しいわ」
「まずは鳩ケ谷地域だけでなく、まだ食べたことのない川口の人にも食べて欲しいよね」
みなさん、鳩ケ谷ソース焼うどんを買って、地元を盛り上げていきましょう!


◎鳩ケ谷ソース焼うどん(2食入)要冷蔵 298円(税抜き)
埼玉県内のイトーヨーカ堂(27店舗)で発売中!

発売記念イベント写真提供:鳩ケ谷商工会




目次へ