目次へ

ハト豆ねっと


オモシロ たんけん倶楽部



オモシロ たんけん倶楽部

「御成姫」と「鳩ケ谷宿」


鳩ケ谷に新しいお酒ができました!

川口・鳩ケ谷本町にある「十一屋・北西商店」が、上尾市の蔵元『文楽』の協力を得て、地元ラベルの日本酒を作りました。
その名も日光御成道にちなんで、可愛らしいネーミングの『御成姫』(おなりひめ)と『鳩ケ谷宿』。
「川口・鳩ケ谷には蔵元はないの?」「川口・鳩ケ谷のお酒を欲しい」というお客さんの声に応えて、新しい川口・鳩ケ谷名物が誕生したのです。



以前から「なんとかオリジナルのお酒を作れないか」と考えていた4代目当主の北西一則さん(50歳)、川口御成姫コンテスト募集のポスターを見て、『御成姫』のお酒を作りたいと考えました。
イラストの御成姫の絵があまりにも可愛かったので、この絵を使いたいと思ったのです。
そこで、川口商工会議所やポスターを制作した会社にも掛け合い、デザイナーの許可を貰いました。
徳川記念財団にも使用許可を貰って、徳川家の家紋である「三つ葉葵」のご紋も入れました。
お酒は親戚でもある、蔵元「文楽」にお願いをして、出来上がったのが、可愛い御成姫のイラストが入った『御成姫』と『鳩ケ谷宿』の2種類のお酒。

『御成姫』は、オリジナルの細身の透明ビンがとってもおしゃれ!
クリアカートンに入っているので、女性へのプレゼントにもよさそうです。
酒米「五百万石」を用いて、爽やかな呑み口と喉越しを追求し醸した本格的な純米吟醸酒で、お米の旨みがしっかりありながら、爽快で透明感のある仕上がりになったといいます。
『鳩ケ谷宿』もおなじく『文楽』の純米吟醸酒。
江戸時代には、宿場町として栄え、明治から昭和初期にかけては、三と八のつく日に「三・八市」が開かれ、たいへんな賑わいを見せていた鳩ケ谷。
その歴史ある鳩ケ谷の名前をつけたお酒が『鳩ケ谷宿』です。
日光御成道・鳩ケ谷宿にある、十一屋・北西商店ならではのお酒ですね。
来年に開催される、第2回日光御成道まつりに向けても大いに話題になりそうです。
『御成姫』は1,300円(360ml)、『鳩ケ谷宿』は1,500円(720ml)で販売中。



「店舗」・「蔵」が国の登録有形文化財に!

この十一屋・北西商店は以前にも「はとがや名店街」で紹介しましたが、昭和初期のレトロな雰囲気が素敵な店舗と石造りの蔵が、今年、国の登録有形文化財に指定されました。
今回登録の対象となった「店舗」「蔵」は、昭和5年(1930年)頃に建てられたと伝えられ、今日まで大切に使われ、良好な状態を維持しています。
特に店舗は、十二月田(しわすだ)(現川口市朝日)の大工が、店舗の大梁(おおばり)などに造船用の材木を用いて建てたと伝えられ、重厚な造りになっています。
かつての鳩ヶ谷宿の面影を伝える数少ない建造物として、鳩ケ谷宿を訪れる人たちの写真スポットにもなっています。




目次へ