目次へ

ハト豆ねっと


ちょっといい店



ちょっといい店

スコーンと焼き菓子の店
『MIMOSA HOUSE SWEETS』
(ミモザハウススイーツ)


鳩ヶ谷市本町4-1-43
048(285)6536
営業日 金曜日・土曜日
営業時間 11:00〜16:00




 9月17日、見沼遊歩道のリバーサイドにちょっとオシャレで可愛い「スコーンと焼き菓子」のお店が誕生した!
その名も「MIMOSA HOUSE SWEETS」(ミモザハウススイーツ)。
オープンしてまだ半月、出来立てホヤホヤのお店にもかかわらず、口コミの評判でもう行列ができるほどの人気店になっている。
「鳩ケ谷にもこんなおしゃれなお店ができてうれしくて、買いにきちゃったわ」と笑顔の主婦。
ここに買いに来るお客さんはなぜか嬉しそうだ。
お店のオーナーは藤本あや子さん。ほんわかとしたお嬢さまって感じで、とても子ども2人のママとは思えない。
大学時代からケーキやお菓子作りが大好きだった。
ケーキも得意だったけど、とくにオーブンで焼くのが好きで焼き菓子を作るようになったという。
3年前から「焼き菓子屋さん」をはじめ、マフィン、焼きドーナツ、クッキー、フィナンシェなど最初は注文のみの販売で営業していたが、お客さんから「つねにおいてほしい」との声に、自宅にお店をオープンした。


 今までは電話やFAXなどでの対応だったのだが、お店を始めて「いろいろなお客さんに直接お会いすることができて、とても楽しい」と話す。
ただ残念なことにこのお店は金曜日と土曜日にしか開店していない。
「そうなんですよ。なにもかも一人でやっているので・・・」
国立の喫茶店などにも卸しているので忙しくてとても手が回らないのだそうだ。
ここのお菓子はちょっとおしゃれで上品な風味で、大人にも子どもにも人気のあるのも納得のお店だ。
ティタイムのおやつはもちろんプレゼントにも喜ばれそう。
全国発送もしてくれる。


 かぼちゃのアフタヌーンティスコーン190円、アールグレイオレンジスコーン160円、全粒粉スコーン120円、クランベリーアーモンドスコーン180円、ラムレーズンスコーン150円、クリームチーズ入りのブルーベリーマフィン190円、季節の梨のマフィンは250円。サブレ、ドーナツなど・・・どれも食べてみたくて、あれこれ悩んでしまいそう。
スコーンとマフィンの美味しい食べ方は、「必ず温めること!トースターやオーブンでカリッとするまで5分はど焼く。
(トースターは焦げやすいからアルミホイルで包んで)そして、温かいうちに食べる!カリッとした食感を楽しみながら食べるといっそう美味しい」。
 お店の前にシンボルのミモザの木がやさしく風にゆれて・・・春、3月ごろになると黄色い花がいっぱいに咲くという。
ネーミングもおしゃれで、メルヘンぽい感じの雰囲気がただよって、小さなお店なのがかえってステキと思わせるおすすめのお店です。




目次へ