目次へ

ハト豆ねっと


ちょっといい店



ちょっといい店

『肉匠 さわ田』

鳩ヶ谷市桜町1ー13ー23
048ー284ー7628
営業時間 9:30〜19:00
定休日 日曜日 祝日





「なんといっても、お肉の味が違うの!」と、
この店のフアンは力説する。
それほど「肉匠 さわ田」の肉の旨さには定評がある。
この道50年。オーナーの澤田一郎さんは、食肉技術専門士に認定されている。
以前は隣接する「八百金食料品店」の中にお店をだしていたが、
平成19年9月にここに新しくオープン!
お店の前の黒牛のモニュメントがなかなかカッコいい。
この店になって「客層も少し変わった」という。
たしかに前の店よりグレードがあがった感じがする。
小さいお店で一見、店内は狭そうに見えるが、味にこだわり国産の黒毛和牛など肉の品揃えはもちろんのこと、コロッケ、メンチ、サラダなど惣菜も豊富。


テキパキとそして丁寧に肉を捌く息子の恒治さんは、東京・吉祥寺の肉店「さとう」で5年修行してきた頼もしい後継者だ。(花嫁募集中だそうです)
そばで奥さんがコロッケなど揚物をしている。
「惣菜は奥さんの担当なの?」って聞いたら、みんなで作っているそうだ。
家族3人、それぞれ阿吽の呼吸で仕事をしている様子が伺える。
牛肉は松坂・三重・国産黒毛和牛にこだわり、恒治さんが修行していた吉祥寺「さとう」から仕入れている。
ちなみに豚肉は埼玉産、鶏肉は群馬産。
お客さんは「スーパーで買うお肉と、お肉の味が違うのよ」
比較的お客の少ない時間帯を選んで午後2:30頃に行ったのに、ひっきりなしにお客が来て、聞いてはいたが噂通りの繁盛ぶり。
肉を「美しい」と表現するのもヘンだが、まさに美しい肉がショウケースの中で輝いている。


松坂・三重・国産黒毛和牛、すき焼き用100g1500円、同じく、カルビ焼肉用100g1300円。
「美味しいのはわかってるけど、ネダンが高いんだもの」という人もいるが、品質を考えたら決して高くはない。
豚ロース切り身100g240円、豚バラスライス100g160円。
朝ひき鶏もも肉100g130円。
人気の豚小間切れは100gで130円とリーズナブル。
今日のおすすめ、特売品の100g800円の松坂・三重・国産黒毛和牛すき焼き・しゃぶしゃぶ用、同じく100g900円のカルビ焼肉用は、断然お得!もう〜買うっきゃない!

人気ナンバーワンは吉祥寺で行列のできるメンチカツで評判のまん丸のメンチカツ!
「揚げたてを食べた?い!」
ザンネンだが揚げるのには15分ほどかかるので、10個以上、電話予約をすれば揚げてくれるそうだ。
ナンバー2はコロッケ。こちらは揚げたてOKだよ。
お鍋のスープ、ポン酢なども売っている。
わざわざ浦和や蕨などから買いにくるフアンもいるほど人気のお店だ。
美味しいお肉を食べたかったら、「肉匠 さわ田」ゼッタイおすすめです!







目次へ