目次へ

ハト豆ねっと


サークル探訪



「鳩ヶ谷市民短歌会」

 「鳩ヶ谷市民短歌会」は鳩ヶ谷市に在住・在勤する短歌愛好者の集まりです。
平成元年12月、講師に水野昌雄先生を迎え、会長に岡田博、事務局長に栃原幸子で発足して、今年で19年目になります。
現在の会長は神谷安久子で会員は40名。中央公民館で月1回の短歌会(第1日曜日)の他、セミナーも月1回行っています。
年間行事としては、年1回の吟行会や鳩ヶ谷市文化祭にも参加、総会や新年会、暑気払い、出版記念会なども開催しています。
 また、会員の合同歌集(年刊短歌集)を毎年発行しており、その歌集も17集目となりました。個人歌集も「鳩ヶ谷市民短歌会叢書」として発行しておりますが、今までに18冊の素晴らしい歌集が生まれています。
 平均年齢も高まってきましたが、年々新しい会員を迎え入れながら、埼玉県歌人会、春・秋の短歌大会に参加、県内外の大会においても多数出詠し、県短歌大会では知事賞など、各賞をたくさん受賞して、高く評価される存在になってきました。
 私たちはごく普通のさりげない日常の生活の中で、五七五七七(31文字)の歌を作って、日々を豊かに楽しんでいます。これからも鳩ヶ谷市民、鳩ヶ谷で働く人たちの中から、たくさんの短歌を楽しむ人が出てくるのを期待しています。


出版記念会

200回記念 短歌会 H19.3

吟行会 秩父音楽寺 H19.5

文化祭短歌大会 H19.11

吟行会 山梨文学館 H20.5

年刊短歌集17集 叢書




目次へ