目次へ

ハト豆ねっと


オモシロ たんけん倶楽部



 11月24日(月)11時〜15時30分にJR西川口駅西口中央通りで開催された『第3回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦in西川口』に、鳩ヶ谷市商工会青年部が作った『もんじゃ焼きうどん』が初参戦すると聞き、行ってみました!



 肌寒い一日。天気予報によると午後3時ごろから雨になるとか。
天候を考慮して早めに出かけることにした。
「B級グルメ」の開催時間にはまだ少々時間があるというのに、もうJR西川口駅は、西口出口に向かう人でいっぱい。
駅頭には、川口商工会の人たちだろうか、案内図やチラシを手に「B級グルメ王」の会場への誘導をしている。
「うわっ。この人たちみんな『埼玉B級ご当地グルメ王』へ行くの!」
駅から会場の西口中央通りまで長蛇の列。まるでディズニーランド状態にもうびっくり。
中高年の夫婦や家族連れの姿が目につく。



《B級グルメ会場は、大盛況!》

会場入り口の黄色いエアアーチをくぐると、前に進めないほど人、ひと、ヒト。
約150メートルの通りに、初参加の地元川口の「キューポラ定食」、前回グランプリのさいたま市の「豆腐ラーメン」、前回大会で惜しくも2位になったという深谷市の「煮ぼうとう」、行田市の「ゼリーフライ」などなど、埼玉県内から17市3町から過去最多の21店が出店している。
イベント会場は「自慢のご当地グルメ」が並び、押すな押すなの大盛況で、なんと、始まって1時間足らずで、初参加の宮代町の「棒ギョウザ完売、ありがとうございました」のお知らせの札が掲げられた。
「早すぎるー」の声に思わずうなずいてしまった。
時間が経つほどに「こちらが、最後尾です」の行列が長くなってくる。
B級グルメを求める人で、行列は引きも切らず。
遠くに「鳩ヶ谷ご当地グルメ ソース焼きうどん」の赤いノボリが見える。
えーと、鳩ヶ谷のテントは18だから・・・私たちはまだ入り口付近をウロウロ。
「鳩ヶ谷市 もんじゃ焼きうどん 最後尾はこちらです」は見つけたけど、なかなか『もんじゃ焼きうどん』にたどり着けない。
「豆腐ラーメン」に並んでいるB級グルメに毎回来ているというオバサンは、「前回の大宮会場はもっとすごかった」と慌てる様子はない。
余計なことだけど、「バーゲン会場」にも強いんだろうなあと思わず尊敬(?)してしまった。





《行列しても食べた〜い・もんじゃ焼きうどん》

「スミマセン、ちょっと通してください」
混雑を掻き分け、掻き分け、やっと、我が鳩ヶ谷の『もんじゃ焼きうどん』に到着。
額に汗をにじませながら、手際よく「もんじゃ焼きうどん」をつくる商工会青年部の笑顔が弾けるている。
「売れ行きはどう?」って訪ねたら、「好評で、100メートル以上も並んだんですよ」って嬉しそう。
商工会青年部長の安田さんも忙しそうに飛び回っている。
テントの裏では木下市長が地元のテレビ局に取材をうけ、楽しそうに応じていた。
市議会議長、産業振興課の職員、商工会の局長の顔も見える。
近くで「もんじゃ焼きうどん」を食べていた戸田市から遊びにきたという父子に、「もんじゃ焼きうどん」の感想をきいた。
「1時間も並んだんですよ。でも、とても美味しくて正解でした」
子どもさんたちも「うん、美味しいよ」とニコニコ。
地元の人だというご夫婦らしいお2人も「今まで食べたこともない味で美味しい」
「2時間近くも待った」という人もいてもうびっくり。
つい、嬉しくなって、
「そうでしょう。ソース焼きうどんといっても、ただの焼きうどんじゃないんですよ。もんじゃと合体した焼きうどんで、鳩ヶ谷のブルドックソースの特製ソースで味付けしたの。この味にきっとハマると思います」なんて、チラシの受け売りで自慢しちゃった!





《西川口駅前再生・イベントは大成功!》

川口市の鉄骨いなりと雷すいとんをセットにした『キューポラ定食』にも長〜い行列が。
ネーミングを「キューポラ定食」にしたのも、川口の原風景を連想させバッチリでいい!
鉄分を多く含んだひじきやアサリの入ったおいなりさんと、ちょっと辛めの味付けのすいとん、どちらも栄養たっぷりの組み合わせで、美味しそうだ。
「はい、ありがとうございま〜す」
湯気の向こうで、お揃いのピンクのユニホームおばさんたちがキビキビと大鍋から雷すいとんを注いでいる。
「ちょっと辛めの味付けだろう。昔は鋳物職人が仕事で疲れた体に好んで食べたもんだよ」
すいとんを美味しそうに食べていた額にシワが刻まれた年配のおじさん。もしかして、昔は鋳物職人だったかも。
「写真を撮らせてもらっていいですか?」っていったら断られちゃった。ザンネン!
全店制覇とはいかないまでも、せめて何品か県内各地のご当地グルメを味わいたいと思って行ったのに・・・考えが甘かった!
『B級ご当地グルメ王』のイベントにこんなに人が集まるなんて想像もしていなかった。
まるでラッシュアワーのようだった。(後で聞いたら、35000人もの来場者があったんだって)。
折角来たのに列に並ぶどころか、会場に入ることすら出来ず帰ってしまった人もいっぱいいたという。
違法風俗店の一掃とB級グルメの街への脱皮を掲げ、西川口駅前再生をかけてこのイベントを誘致したというだけに活気と意気込みが感じられた。
このワイワイ、ざわざわとした人混みも庶民的な「B級グルメ」らしくて、イベントは大成功だったのではないかと思っている。
混雑の中、雨もパラついてきたので私たちも帰ることにした。
それにしても、なんか食べたかったなあ。





《グルメ王は川口市・鳩ヶ谷市は4位とルーキーのW受賞!》

来場者による投票の結果、
鳩ヶ谷市の「もんじゃ焼きうどん」は大健闘の4位!あわせて初参戦に与えられるルーキー賞も受賞!
『第三回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦』でB級グルメ王に輝いたのは、地元・川口市の「キューポラ定食」でした。
ちなみに、2位は「豆腐ラーメン」(さいたま市)、3位は「和楽備茶漬け(蕨市)。




目次へ