目次へ

ハト豆ねっと


駒ちゃんのママチャリで行こう





 今年も6月1日から20日まで「堀切菖蒲まつり」が開かれます。200種6000株の菖蒲はそれは見事です。それも入園料はタダ。これを見ない手はありません。
 今年は例年より早く咲き始めたので6月に入ればもう満開に近いでしょう。
 そこで今日は、鳩ヶ谷からママチャリでご案内しましょう。スタートは三ツ和公園です。すぐに新芝川に出られます。

 バス通りの鳩ヶ谷橋のひとつ下流の橋に出ます。白鷺橋です。橋の両岸に白鷺のきれいな像がすえられています。かつてはこの付近にも白鷺がたくさん飛んできていたのです。右岸に渡りましょう。きれいなサイクリングロードができています。ここを下流に向かって走ります。芝川サイクリングロードはこれから行く足立区都市農業公園が起点で大宮公園(現在は通船掘りまで整備)が終点です。

 左手の川向こうには中居小、環境センター、右手には川口の環境センターの大きな煙突などが見えます。いつもたくさんのウオーキングする人、ジョギングする人、サイクリングの人などで賑わっているのであまり飛ばさないでゆっくりあちこち見ながらいきましょう。やがて川口市立高校が見えてきます。グランドでは生徒たちの元気な声が響いていました。野球の試合中でした。

 芝川マリーナ、モーターボートの停泊所です。芝川から荒川、さらに東京湾まで出かけていくのでしょう。かつては芝川に不法停留する船が多く災害時には困るので作られたもの、と聞いています。この日もせっせと船を掃除している方も見えました。でも、せっかくこういう施設もあるのに芝川には不法係留禁止と書いてあるところに、船着場が作られたくさんの船が係留されているのはどういうものなのでしょう。

 サイクリングロードの縁や土手にはいろいろな植木や草花などがあり、それらも目を楽しませてくれます。また、芝川にはたくさんの橋がかかっています。アーチ橋や釣り橋などいろいろな橋を眺めていくのも楽しみです。ただサイクリングロードとは平面交差なので信号があるところは信号を守って、ないところは信号まで迂回することが大切。何といっても安全第一です。

 三ツ和公園から、約6,5キロ走ると、そこはもう荒川との合流点です。芝川にかかる最後の橋、山王橋を渡り、左岸に行きましょう。歩行者専用信号を渡るとそこはもう足立区都市農業公園です。サイクリング車と時計のついたモニュメント風な外灯が立っています。サイクリングロードの起点です。そこを通って土手の上に立つともう荒川との合流点が目の前です。

 荒川の土手に立ってみましょう。右手遠くに新荒川大橋、赤羽行きのバス通りが見えます。左手が、鹿浜橋。そして左手一帯が都市農業公園です。ちょっと中にはいれば、(入園料タダ)トイレもあるのでひと休みしていきましょう。近くに釣りをしているモニュメントがあります。ここは関東の富士見百景のひとつなのです。荒川下流からの富士山で11月23日と1月17日ころにはダイヤモンド富士が見られるところです。

 名勝荒川堤桜の石碑。今もたくさんの桜の木がありますが、かつてこの付近は「五彩の雲たなびきたるが如し」といわれた、荒川五色桜の名所だったところです。いちどは無くなってしまいましたたが今復元されてきています。明治のころ尾崎行雄がワシントンに桜の苗木を送った話は有名ですが、その苗木はなんとここから送られたものなのです。ゆっくりしたいところですが、今日はまだ先があるのであまり長居しないで再スタートしましょう。

 すぐに、サイクリングロードは荒川の河川敷に出られるようになっています。これから先はすべて立体交差で信号や道路はひとつもありません。「河口から19キロ」の標柱が鹿浜橋の下にあります。堀切は10キロ地点だからここから9キロ、30分ほど走ることになります。河川敷はほとんど平坦、舗装してあり、バイクやクルマは一切入ってこられないから安心です。ママチャリで十分なのです。

 河川敷には野球場やサッカー場、ゴルフの練習場などが続いており、それらの見ながら走るのも楽しい。「河口から○キロ」と1キロごとに出ているので不安もありません。10キロ地点を過ぎると、土手上にこの案内看板。堀切菖蒲園まで200m、と出ています。土手に上がり荒川と平行している綾瀬川の橋を渡ると、もう菖蒲園もすぐそこ。堀切菖蒲園に到着です。三ツ和公園からちょうど18キロです。

 堀切の花菖蒲は、江戸名所のひとつとして古くから知られていて、そのようすは安藤広重や歌川豊国などに錦絵に描かれています。約200種、6000株の菖蒲はそれは見事です。毎年6月1日から20日まで菖蒲まつりが開かれています。年間いつ行っても入園料はタダ、ママチャリなら交通費もタダです。その分、近くの商店街が地図やいろいろな資料などをただで配ってくれているので、お弁当など何かショッピングするのもいいでしょう。

 堀切周辺観光マップなどもいただけるので時間があればそこを回ってもいいでしょう。でも帰りはまた同じ道を戻るのが無難です。安全第一です。こに時季帰りはたいてい南風。背中を押されるように飛ばせます。そして、都市農業公園でまたひと休みしましょう。ここには大きなレストランもあるので、何かご褒美にいっぱいやるのもいいでしょう。ただし、アルコールはダメ。家に無事帰りついてからにしましょう。三ツ和公園まで往復36キロ、お疲れ様でした。


鳩ヶ谷パソコン研究会 駒崎高造


参考サイト:2007年堀切かつしか菖蒲まつり


●次号より連載になります。




目次へ