目次へ

ハト豆ねっと


鳩ヶ谷・サークル探訪



「鳩ヶ谷市文化団体連合会」

鳩ヶ谷市文化団体連合会の概要について

 鳩ヶ谷市文化団体連合会は昭和46年10月に発会式が行われ、昨年平成17年10月に創立35周年記念の式典、懇親会が西公民館で行われました。当日、在籍35年から10年の団体、役員、個人会員の合計430件の方々が表彰されました。
 現在の会長は鳩ヶ谷市長の木下達則氏、副会長は菊池千和賀氏(邦楽舞踊協会)、理事長は渡辺律子氏(音楽協会)です。

文化団体連合会の構成の内訳は
(1) 文学部 (短歌など) 1支部
(2) 美術部 (絵画、写真、書、ペン習字、切り絵、孔版、皮工芸など) 24支部
(3) 芸能部 (邦楽、邦舞、民謡、吟詠、合唱、大正琴、洋舞など) 70支部
(4) 教養文化部 (華道、茶道、珠算、観賞菊、盆栽、着物着付けなど) 18支部
の計113の会が参加、活動しています。

 文化団体連合会の年間の活動としては、1月に新年会、2月に埼玉県文化振興会議に参加、5月定例総会、6月に研修旅行、8月ふるさと祭りに参加、11月秋の市民文化祭開催などです。
 文化団体連合会の活動のメインは、11月の市民文化祭で、今年は第36回目の開催で、催し物の部では11月3日(金)から19日(日)まで中央公民館、西公民館、市民センター「ダヴ」、ふれあいプラザ「さくら」で12の団体の演奏、実演などが行われました。
 展示の部門では、中央公民館で11月3日(金)から5日(日)までの3日間、12団体の方々の作品展示が行われました。
 今年初めての実技体験教室が3日(皮工芸・五月会)、4日(切り絵・冴えの会)、5日(樹脂工芸・ネオステンドアート)に開催され、多くの人が参加、挑戦されました。
 また、西公民館と氷川神社境内で、例年通り3日(金)から15日(水)まで、2団体の方々が参加の菊花展も開催されました。
 展示の部門では、中央公民館の展示終了後、市役所ロビーで6日(月)から10日(金)まで展示が行われました。
 文化団体連合会の年会費は1つの会が2,000円、入会金2,000円で、より多くの方々の参加をお待ちしています。

(鳩ヶ谷市文化団体連合会・事務局長 山 野 鼎 玉)




目次へ