目次へ

ハト豆ねっと


はとがや名店街



「沼口米菓株式会社」
鳩ヶ谷市辻694(南7丁目バス停前)
048−285−0181
営業時間 9時〜19時30分
定休日 日曜日
駐車場 あり

草加せんべいの美味しさは何といってもあのバリッとした歯ごたえと口いっぱいに広がる香ばしさ!
一度食べるともうやめられない、止まらない!そう、鳩ヶ谷みやげの定番です!
『ともえせんべい』で全国的に知られる沼口米菓は、創業45年。
本場の本物だけに認められる「草加せんべい」の地域食品ブランドに認定されている。

沼口米菓

ジャスコの川口グリーンシティーやダイヤモンドシティーキャラのお店はよく知られているが、天神橋通りにあるのが本店だ。
もともとは生地作りを中心にしていたが、「おせんべいをください」と工場に直接、買いにくる人が増えて、バス通りに店を構えたという。
現在は鳩ヶ谷市商工会長の沼口社長と娘夫婦の長久保さんが、生地の生産をしている大利根工場と3つの店舗を展開している。

ジャスコの川口グリーンシティー

店頭に並ぶ美味しそうなおせんべいは、シンプルで素朴な堅焼の草加せんべいから、あられ・おかき、ユニークな味のものまで種類が豊富で見ているだけでも楽しくなってしまう。厚さが1センチ位もありそうな「ともえ」は1枚84円。「のり角」「みそ」「ザラメ」「にんにく」「胡麻」「抹茶」「バカ煎」など、草加せんべいの種類だけでも10種類以上もある。

本店店頭

「バカ煎ってどんな味がするの?」と聞いたら、「生地に唐辛子を練りこんである大辛煎餅で、食べているうちに後からじわじわ辛さが効いてきます」というから一度は挑戦したい味。
最近、人気なのが「ビリ辛ぬれ煎」(10枚入り368円)。
「これがこんなに売れるとは正直思わなかったわ」と娘さんの香織さん。今、ぬれ煎餅にはまっている人が多いらしい。

ぬれ煎

鳩の形をした、鳩ヶ谷の特産品『鳩ヶ谷ポッポ』(1枚63円)も可愛くて人気がある。ザラメ・抹茶・砂糖(1枚74円)もあるので詰め合わせてお土産にすると子どもたちに喜ばれる。「カレー家のおせんべい」「おこげ揚餅」も人気商品だ。
「最近の若い人たちには堅いおせんべいより柔らかくて軽いものが好まれるようです」
サクサク感が好きな人には「鉄板焼」のあられがおすすめ。わさび・チーズ・えび・バター・めんたいなど10種類もあって、ビールのつまみにも美味しそう!

鳩ヶ谷ポッポ

ところでおせんべいを食べると老化防止になるって、知ってました?
堅いものを食べると脳を刺激して、子どもの脳の発達や老人のボケ防止に効果があるとか。
ヘルシーで栄養があって、添加物がない健康食品、家族みんなで食べよう!

草加せんべい

加須インターから5分のところにある大利根工場は埼玉県の「彩の国工場」に指定されているが、 ここではせんべいの「手焼き体験教室」がある。
鳩ヶ谷市内の小学生たちは3年生になると全員がここでおせんべいの手焼きを体験!
「20人位集まれば誰でも体験できます」と香織さん。
平日の午前中がおススメ。お土産付きで無料。もちろん、おばさんグループでもOK!

手焼き体験教室




目次へ