目次へ

ハト豆ねっと


人口からみた鳩ケ谷






鳩ケ谷市の人口のうつりかわり


昭和の鳩ケ谷―最も顕著なのは、人口の増加だろう。明治の初め頃の人口が約5千人。それから70年ほどの間、昭和の10年代まで1万人以下。ところが30年代から急に増加している。それは、この頃になると、戦争で荒廃した日本の経済も復興し始め、いわゆる高度経済成長期が始まったのである。田舎から東京にどんどん人が集まってくる。東北地方などから集団就職で列車が次々若い人を運んできたのである。そして、人口増は次第に東京から周辺部に移っていった。
鳩ケ谷に公団住宅が建設されたのが昭和33年。西団地163戸、東団地500戸である。当時高層住宅は市内になかったから、4階建ての住宅は珍しくいろいろな話題をよんだ。東京から来られた方も多くショートパンツの女性なども見られたことから、「団地族」という言葉さえ生まれたくらいである。
人口は昭和50年頃まで増加し、そのあとは横ばいとなる。小さな田舎町だった鳩ケ谷も人口の増加と共に大きく変わっていくことになったのである。

主な出来事を列挙してみよう。


 

 

昭和

25年

川口市から分かれ鳩ケ谷町となる。

28年

13,984人

30年

14,501人

31年

鳩ケ谷小学校の分校から独立して中居小学校ができる。

33年

東・西住宅団地ができる。

芝川の氾濫で大水害がおきる。

35年

20,317人

37年

桜保育所ができる。

39年

辻小学校・里保育所ができる。

40年

37,347人

40年

市の南部の区画整理が行われ、南1〜7丁目となる。

41年

新芝川ができる。

42年

市制施行で鳩ヶ谷町から鳩ケ谷市となる。

国道122号のバイパスが変電所から西団地方面まで通じる。

43年

里小学校ができる。

45年

51,559人

45年

桜町小学校ができる。

47年

八幡木中学校・南保育所ができる。

49年

市民プールができる。

50年

56,861人

52年

三ツ和保育所ができる。

53年

里中学校ができる。

54年

武南警察署ができる。

55年

55,856人

60年

55,307人

平成

元年

56,281人

5年

55,789人

10年

54,963人

13年

埼玉高速鉄道開通

15年

56,685人

18年

58,950人

 

 


(写真提供:郷土資料館、平野清著「郷土はとがや・いま昔」)
(参考:鳩ケ谷市史、小学校社会科副読本「郷土はとがや」)
(鳩ケ谷パソコン研究会 駒崎 グラフ作成 渡辺)




目次へ