目次へ

ハト豆ねっと


七五三豆知識



七五三って?
 七五三は、児童のお祝い事で男児は三歳と五歳 女児は三歳と七歳に行います。
三歳、五歳、七歳と、成長の筋目に近くの氏神様に今まで無事に過ごして来られた事を感謝し、今後も健やかに成長する事をお参りする風習が七五三です。もともとは宮中や公家の行事でしたが、江戸時代になってから一般的に広く行われるようになり、盛大に営まれるようになったのは大正時代以降のようです。
乳幼児の死亡率が高かった昔は、七歳までの子供は神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認められたようです。現在では考えられませんね。

 年齢と性別の組み合わせや呼称は、地域・時代・身分によって異なっていたようです。
昔の村落で生まれた子はすぐには村の一員としては認めらず、3歳から7歳の間に人名帳や氏子に登録が行われやっと村の子ども組に参加できるようになり、村の中で権利と義務が生じるようになった、という言い伝えもあるようです。
武家社会では
・3歳:髪置き(かみおき)
  それまで剃っていた髪の毛を長く伸ばして唐子まげを結う男女の儀式。
・5歳:袴着(はかまぎ)
  5歳になった子がはじめて袴を履く儀式。平安時代には女児も行っていた。
・7歳:帯解(おびとき)
  女の子の祝い。帯の代わりの付け紐を取り、初めて帯を結ぶ儀式。
という儀式が行わたようです。
関西地方では、七五三と同様の児童の成長に関する儀式に、十三歳詣りというのがあるようです。

 11月15日という祝い日は、五代将軍徳川綱吉が子の徳松の祝儀をこの日に行なったことに由来しているようです。
また、11月15日が二十八宿(月の動きによって吉凶を決める)の鬼宿日(最上の吉日)にあたり、お祝いをする日に最も良い日だという由来もあるようです。現在では11月15日にこだわらず、その前後の都合のよい日に合わせて行う事が多くなっていますね。

氏神様とは?
 氏神とは、もともと氏族が共同であがめ祀る神を意味しました。
そこにはもちろん一族の祖神(そしん=神として祀る祖先・祖先である神)にあたる血縁上の系譜関係(=先祖から子孫に至る一族代々のつながり)もみられますがそうでない場合もあります。
つまり、氏族が共同の神をあがめてその団結をはかり神はまたその一族を守護するわけで神と人、人と人との間を血縁的な密接な関係でとらえたのです。
 やがて時代が変わり地縁社会(=住む土地に基づいてできる縁故関係)に移行しますが、氏神に対する人々の意識は、氏子という表現の中にその伝統を継承していると考えられます。
「住んでいる地域社会を守っているのが氏神様」という事のようですので、近くの神社にお参りに行くのが本来の在り方のようですね。

その他
装いは
 3歳:出産のときに贈られた袴着
 5歳:紋付羽織 仙台平の袴
 7歳:本裁ちの着物に揚をして着せ、抱え帯を華やかに結ぶ
といわれているようですが、なかなかその通りには難しいですね。

お祝いを頂いた時は、
 「千歳飴」や「お赤飯」をお返しとしてお渡しするのが良いようです。
装いやお参りの仕方、撮影の事、会食やお祝い返しの事など、分からない事等は神社やそれぞれのお店などに気軽に相談しましょう。

 鳩ヶ谷氷川神社では、11月の土曜、日曜、3日祝日のいずれも9時から15時は、ご予約なしで受け付けています。(その他の曜日はご予約を。)
この時期は、境内での菊の展示会と重なっている為、菊が境内に咲き揃うようです。


参考


協力

AllAbout 七五三特集
神社mame辞典

鳩ヶ谷氷川神社




目次へ