目次へ

ハト豆ねっと


桜町小学校

危ない!気になる場所マップ



左から佐々木さん、金子さん、山根さん

 桜町小学校の広報部が作った、カラー版の「危ない!気になる場所マップ」が評判を呼んでいます。
このマップは夏休み前の7月にPTAだより『さくらっこ』に折り込まれ、児童に配布されたものです。
 広報部員が各地区役員さんの協力を得て、桜町小学校周辺の危険箇所を取材、信号のない恐怖の5差路や落合公園前交差点など桜町の危険な場所、15箇所を写真入りで紹介しました。
他にも「いざという時の電話番号」や「こどもそうだんじょ」のポスターも載っています。

B4版でカラー印刷されたマップは、貼ってもらえるように工夫されているので、お母さんたちからも「見やすい」「わかりやすい」と大評判!
 マップを作るきっかけは、部長の山根由香さんが、教頭先生から東京の小学校の危険マップを見せられたことからだそうです。
「それなら夏休み前に作ろう」と金子光子さんと佐々木麻里さんが取材を担当、パソコンが得意な吉田恵美さんがレイアウト・編集をして完成しました。みんな素晴らしい出来上がりに「きれい!」と自画自賛!
 坂道が多い、狭い道が多い、歩道がない、車が多い、車が猛スピードで通り抜ける・・・と危険箇所がいっぱいの鳩ケ谷。
9月は秋の交通安全運動週間。
桜小のお母さんが作った「危ない!気になる場所マップ」は、鳩ケ谷では初めての危険マップ、ぜひ、他の学校にも広げてもらいたいものですね。
(写真・左から佐々木さん、金子さん、山根さん)

危ない!気になる場所マップ
拡大




目次へ